ビート2 シミ

この記事は

  • BiiTo2(ビート2)はシミがあっても使えるの?
  • ホクロが多いんだけどBiiTo2(ビート2)を使っても大丈夫?
  • THRってなに?

とお悩みのアナタにオススメです!

 

BiiTo2を使ってみたくても、シミやホクロがあると使えるのか心配ですよね?

 

まず結論から言っちゃいますと、少々のシミやホクロがあってもBiiTo2は使用できます!

 

あらかじめシミやホクロにテープや絆創膏を貼ってマスキングすれば、少しくらいのシミやホクロがあっても大丈夫です。

 

ただし、マスキングすると全身絆創膏だらけになってしまうほどシミやホクロ多すぎる場合は、THR方式のBiiTo2は向いていないので、SHR方式を採用している脱毛サロンや医療機関に相談してみましょう。

 

もし、あなたのシミやホクロがそれほど多くないのであれば、時間と費用を大幅に節約できる家庭用脱毛器のBiiTo2はオススメです。

 

今なら、公式サイト限定で脱毛サロン『恋肌』の割引券40,000円相当や、ダイエットやアンチエイジングが期待できる『恋肌』のサプリが無料でもらえる超お得なキャンペーン実施中ですので、ぜひ公式サイトをチェックしてみてくださいね!

 

\46,480円相当の特典が付くのは公式サイトだけ!/

 

それでは詳しく解説していきますので、ぜひ最後までお付き合いください!

 

なぜBiiTo2はシミ、ホクロには使えないのか?

 

BiiTo2はTHR方式の脱毛器です。

 

THR方式は、BiiTo2の公式脱毛サロン【恋肌】でも採用されていたり、家庭用脱毛器のほとんどはTHR方式だったり、広く採用されている方式です。

 

光脱毛の方法については後ほど詳しく解説しますが、THR方式は従来の痛みがあるが比較的早く効果がみられるIPL方式と、痛みの少ないが効果を感じるまでに時間のかかるSHR方式の、両方のメリットを両立させた方式です。

 

THR方式はIPL方式と同じく黒色に反応して光を照射する特徴があります。

 

痛みはIPL方式よりも少ないですが、シミやホクロなどの皮膚に直接作用してしまうと痛みを感じる可能性はあります。

 

しかし、要するにシミやホクロの黒色さえ隠してしまえばいいだけなので、使用前に一手間入れれば、シミやホクロがあるあなたでもBiiTo2を使うことは可能です。

準備さえすればシミ、ホクロがあってもBiiTo2は使える!

準備と言っても簡単なので安心してください。

 

シミやホクロを、包帯を留めるときに使うような紙テープや絆創膏などを貼って覆ってあげるだけで、BiiTo2は光を照射しなくなります。

 

大きなシミやホクロにはしっかり隠せる絆創膏、小さなシミやホクロなら剥がしやすい紙テープでも十分です。

 

どちらも100均で買えるのでコストはそれほどかかりません。

 

使用前にちゃんと準備さえしておけば、問題なくBiiTo2は使えます。

 

では、光脱毛の仕組みについて少し説明しておきましょう。

光脱毛の仕組みと特徴

 

IPL

IPL(Intense Pulse Light/インテンスパルスライト)方式は、キセノンランプを使用して強い光を照射し、毛根に熱を与えて脱毛する方法です。

 

照射範囲が広く短時間で施術できるのがメリットですが、毛根に熱を与えるので痛みを伴うというデメリットがあります。

 

その痛みは「輪ゴムを弾いた痛み」と例えられることが多いですね。

 

ただ、毛の太さで痛みが変わってくるので、ワキやVIOなど毛の太い部位だと痛みを強く感じてしまう可能性はあります。

 

IPL方式は脱毛サロンでも採用されているので「脱毛サロンは痛い」というイメージはIPL方式での施術のせいかもしれませんね。

 

SSC

SSC(Smooth Skin Control/スムーススキンコントロール)方式は、抑毛効果のあるジェルと、そのジェルを浸透させるクリプトンライトにより脱毛する方法です。

 

ジェルによる脱毛なので、お肌にやさしく痛みがないというメリットがあります。

 

しかし、SSC方式では、効果を実感するまで時間がかかったり、ジェルを塗る手間がかかるというデメリットもあります。

 

そもそも、SSC方式は除毛ではなく、ジェルに含まれた成分により毛の成長を抑制する効果を期待する方法なので、それなりの時間を要するのは当然ともいえます。

 

SHR

SHR(Super Hair Removal/スーパーヘアリムーバル)方式は、IPL方式よりも弱い光で脱毛する方法です。

 

弱い光といっても効果が弱いわけではなく、毛を作る命令を出しているバルジ領域に作用して、これから生えようとしている毛が生えてこないようにする脱毛方法です。

 

IPL方式と比べて痛みが少なく、シミやホクロがあっても脱毛できます。

 

産毛や金髪など薄い毛でも脱毛できるのがメリットですが、効果を実感できるようになるまでには時間がかかるというデメリットもあります。

 

また、導入している脱毛サロンが少ないので、SHR方式での脱毛がしたいと思っても、住んでいる地域によっては、なかなか見つからないのも難点です。

 

THR

THR(Thermo Heat Remover/サーモヒートリムーバー)方式は、IPL方式とSHR方式のメリットを両立させた脱毛方法です。

 

バルジ領域や毛根にも作用して、肌の色が黒い人や産毛などの細い毛でも脱毛ができ、痛みも少ないのがTHR方式です。

 

また、SHR方式より短期間で効果を実感できるというメリットもあります。

 

デメリットとしては、レーザーやIPLに比べれば効果が実感できるまで時間がかかる点があげられます。

 

また、濃い黒色に反応するのでシミやホクロに直接当てることができないのも注意点です。

 

しかし、デメリットよりもメリットのほうが圧倒的に多く、女性はもちろん、男性や子どもでも使えるので、多くの脱毛サロンや脱毛器に採用されている主流の脱毛方法です。

 

(参考:恋肌

BiiTo2はTHR方式

 

BiiTo2を公式で取り扱う脱毛サロン【恋肌】は、THR方式を採用しています。

 

BiiTo2もサロンと同じTHR方式ですので、脱毛サロンと同じものを自宅でも使えます。

 

しかし先述のとおり、SHR方式ほどではないにしても、効果を実感するまでには一定の時間を要します。

 

何度もサロンに通うことを考えると、自宅でも使えるBiiTo2は相当の時間と費用を節約できるでしょう。

 

わざわざサロンまで通うことなく、早朝でも深夜でも好きな時間で脱毛ができるので、お仕事が忙しかったり、育児で忙しくてサロンに通えない方に、BiiTo2のような脱毛器は人気があります。

 

しかし、THR方式は従来の方法に比べると、肌の色に影響されにくい特徴がありますが、シミやホクロほどのくっきりした黒色だと光を照射してしまいます。

 

肌に照射してしまうと痛みや火傷の原因にもなりかねないので、必ずシミやホクロはテープなどで隠してから使用するようにしましょう。

 

ちなみに、THR方式を採用している脱毛サロンでも同様の処置を施してからの施術となります。

BiiTo2はシミ、ホクロを隠せば使える!【まとめ】

では、最後におさらいです。

 

BiiTo2は、脱毛サロン【恋肌】と同じ、THR方式を採用しています。

 

THR方式なら、少々のシミやホクロがあっても、テープなどでマスキングさえしておけば問題なく使えます。

 

テープで隠しきれないほどシミやホクロが多い場合は、SHR方式を採用している脱毛サロンや、レーザー脱毛ができる医療機関に相談してみましょう。

 

とはいえ、THR方式は子どもでも使えるほど痛みも少ないし、短期間で効果を実感できるので、もしあなたのシミやホクロがそれほど多くないのであれば、BiiTo2はオススメです。

 

今なら公式サイト限定で、脱毛サロン【恋肌】の割引券やサプリがもらえる超お得なキャンペーンをやっていますので、今すぐ公式サイトをチェックしてみてくださいね。

 

\46,480円相当の特典が付くのは公式サイトだけ!/